位牌やお墓の値段は予算にあったものを|自分の好きな寝場所

葬儀

いつのまにか

女性

いつの間にか年をとるものですよね・・・。子供の頃には永遠につづくんじゃないかと思った夏休みも、今では数日ですしね。愚痴を言いたいわけでは無いんですよ。そんな冗談はさておき、おとなになってからの日々は本当に短く感じるものなんですね。永遠につづくんじゃないかと思った夏もいつの間にかすぎることに今では、寂しさすら覚えません。暑くなったと思ったら寒くなって、寒くなったと思ったら暑くなる、日々はその繰り返しですね。正直こんなに早くめぐる季節も嫌いではないんですけどね。とはいえ、いつの間にか周囲ではお葬式が増えました。友達の葬儀に行く日が来るなんて想像もしてなかったな。いつも元気だったあいつの葬式、みんなの人気者だったあいつの葬式・・・数え上げればきりがないほどになりそうなのでここでやめますが、この歳になってやっと葬儀やら葬式やら墓石の大事さに気が付きました。まぁみんなそうなんでしょうが、ある程度まで年齢が行かないと葬儀やら位牌、墓石なんて自分には関係のないものだって思っちゃいますもんね。しょうがないでしょう。私も若い頃は葬儀なんか興味アリませんでしたし、墓石や位牌の良し悪しなんてこれっぽっちもわかりませんでしたから。それが今では、いつのまにやら墓石をいい値段買う年齢に成りました。少し早いかもしれませんが、既に私は墓を用意して、立派な墓石をしつらえました。というわけで今回は、いい墓石の選び方や値段、葬儀の「今更人には聞けないマナー」などを書いていきますので。ぜひご覧ください。

香典マナー

葬儀

葬儀にはマナーがあります。また、香典というものが葬儀ではありますが、香典を送る際にもちゃんとしたマナーが存在します。そんな香典マナーをしっかりと学んでおかないと現場で恥ずかしい思いをします。

詳細を確認する

お墓の選び方

花

お墓は自分の骨や身体を納める大事なものです。そんなお墓を生前に決めておくことで、自分の好きなお墓に入ることができます。また、お墓は様々な種類があります。和装から洋装まで色々です。

詳細を確認する

石の種類とお値段

花

自分が入るお墓のことですからいいものをチョイスしたいですよね。また、お墓と行っても値段が気になるところ。そんなお墓は安いものから高いものまで様々なので、自分の予算にあったものを選びましょう。

詳細を確認する